Pocket

この記事は約 3 4 秒で読めます。

アトピー性皮膚炎のために皮膚科にずっと通院しているにも関わらず、症状が悪化していくと「この先生(治療法)、本当に大丈夫なのかな?」と不安になってきますよね。

しかも毎回、強いステロイドを処方され続けていたら、不安には拍車がかかります。

そして、そうした不安から「ステロイドはやっぱり悪だ!止めてしまおう!」と、独りよがりの脱ステロイドをして、ますます悪化したりして…。

アトピー性皮膚炎は、改善すべき部分が多いので、ひとえに脱ステロイドをすれば良くなるというものではありません。

アトピーを治療・改善していくうえで最も怖いのは、「独断で突っ走る」ことなのです。

その治療法、本当に大丈夫?

皮膚科への通院でなかなかアトピーが改善しない場合、インターネット上の民間療法に頼ってみたり、そうした民間療法の書籍に頼ってみたりというのは、何もアトピーだけでなく、どんな病気のときもあることです。

確かに、民間療法も全てが怪しいわけではありませんし、効果がある人というのは確実にいるのだと思います。

しかし、実際には、「少数に効果がある」ことだからこそ、「一般化」していない、というのが民間療法なわけです。

もしAという治療法を施して、本当にみんながみんなアトピーが良くなるのであれば、その方法はすでに本道の医学においても取り入れられ、治療法として用いらているはずなのです。
でもそうなっていないというのは、民間療法がまだ「一部の人だけに」効く方法だということを証明しているのに他なりません。

例えばアトピー性皮膚炎に効果があるともてはやされた「酸性水」というものがあります。

この酸性水も、確かに一部のアトピー性皮膚炎患者には、効果的だったのですが、どんな種類のアトピー患者にも有効なものではありませんでした。

この酸性水に関しては、両極端の結果がでるようで、効かなかった人は現状維持どころか悪化させてしまうのです。

こうした民間療法によってアトピーが悪化したという患者さんが、皮膚科医には多く通っています。

アトピー性皮膚炎からステロイドをなくすには…

アトピー性皮膚炎の人が恐れていることに、ステロイドの副作用などがありますが、実はこのステロイドも、外用薬として使用している分には、相当大量に使用しないと、明らかな副作用と言うのはでてくることは少ないです。

内服として利用していると、さすがに身体への負担も大きくなるのですが。

実際のところ、ステロイドは悪だ!と言わんばかりに、これまで使用していたステロイドを急に止めてしまう方が身体には毒になります。

炎症を止められず、そのせいで痒みも治まらず、夜は眠れず炎症は痛み…ということになると、ストレスで精神状態も悪化します。

そうすると、アトピー改善どころか、うつ病などの精神障害も招きかねません。

最終的にはステロイドを用いなくても良い状態にもっていくのが理想ですが、だからと言って今日からすぐステロイドをやめましょうというのは無理な話なのです。

アトピー性皮膚炎の改善には、食事に気を付けたり、住環境に気を付けたり、様々に取り組むべき課題があります。

そうした課題に少しずつ取り組みながら、徐々にステロイドを減らしていき、最後はステロイドがなくてもす過ごせる身体を築くのが大切です。

そうした過程を着実に踏んでアトピーを改善させようとすると、早くて1年、大体が2年くらいはかかるのが通常なのですね。

アトピー性皮膚炎の改善には、何より忍耐力と勇気が必要になってくると言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
アトピーを改善するために

アトピーを改善するために

はじめまして、このサイトではアトピーの症状を緩和するためにできることや、ご自身のアトピー肌との付き合い方などについての情報を配信しています。アトピーがひどくてツライ思いをしているあなたはぜひチェックしてみてください。